ファーストンクリーン

トヨタグループの(株)豊田中央研究所が技術開発したV-CAT(R)(窒素ドープ酸化チタン)を、自動車の車内や屋内で使いやすくするため、V-CAT(R)を含む液体をスプレータイプにしたものです。今までの酸化チタン光触媒では実現できなかった蛍光灯やLED照明等の室内光でも強力な消臭・抗菌・抗ウイルス効果を発揮します。

従来の酸化チタン光触媒は、紫外光により効果を発揮するものでしたが、V-CAT(R)(窒素ドープ酸化チタン)は、 紫外光だけでなく蛍光灯やLED照明などの可視光にも反応する、可視光応答型光触媒です。

ファーストンクリーンはこんなところにお使いいただけます。

自動車の車内や布製シートに

布製シートや車内の内装全体にスプレーすることで、ガソリン臭やいやな臭いを抑えます。

カーテンや壁紙カーペットに

カーテン、壁紙、カーペットにスプレーすることで、たばこの臭いや生活臭を軽減します。

ソファーやクッションに

ソファーやクッション、人工観葉樹等、インテリアの様々な布製品にお使いいただけます。

衣類や帽子スリッパに

衣類や帽子、スリッパ等、臭いが気になる時にお使いください。洗濯後利き目が弱くなったら再度スプレーを。

その他にもいろいろな用途でお使いいただけます。

洗面所やトイレ、ペットに

トイレや洗面所で壁紙やマット、ペットのおしっこ用マットにもスプレーしてお使いいただけます。

靴、マット、玄関まわりに

運動靴や革靴の中敷、玄関マット等にスプレーしていただくことで玄関の気になる臭いを軽減します。

病院や介護施設に

病室のカーテンや壁紙、送迎車の内部等にスプレーしていただくことで空間全体をリフレッシュします。

ファーストンクリーンの使い方

【用途】

  • カーテン、ソファー、衣類、トイレ、靴、帽子、車の布シート等様々な布製品にお使いいただけます。
※色や風合いが変わる可能性があるので、予め試験スプレーして異常が出ないことを確認してからご使用ください。

【使用方法】

  • 缶を上向きに対象から20cmほど離して、均一にムラなくスプレーする。
  • スプレーした後、良く乾燥させる。
※1本当たりの使用目安は約15u。
※目的以外の箇所に付着した場合は速やかに布等で拭き取ってください。

抗菌性能

測定開始(0時間) V-CAT無し(24時間経過) V-CAT有り(24時間経過)
可視光で抗菌効果を発現。
※遮光状態でも効果有り。
  • 測定機関:(社)抗菌製品技術協議会
  • 測定方法:光触媒フィルム密着法
  • 菌:大腸菌、黄色ブドウ球菌
  • サンプル:V-CAT粉末(ガラス基板上にコーティング)
  • 光照射条件:蛍光灯(2000Lx)

抗ウイルス性能

測定開始(0時間) V-CAT無し(24時間経過) V-CAT有り(24時間経過)
可視光で抗ウイルス効果を発現。
※遮光状態でも効果有り。
  • 測定機関:(財)日本食品分析センター
  • 測定方法:50%組織培養感染量(T CID50)測定法
  • (50%の細胞が感染するウイルス量(感染価)を調べる評価法)
  • ウイルス:インフルエンザウイルスA型(H1N1)
  • サンプル:V-CAT坦持の不織布(ポリエステル製)
  • 光照射条件:蛍光灯(2000Lx)

抗アレルゲン性能

可視光で花粉アレルゲンを不活化。
  • 実験機関:(株)豊田中央研究所
  • 測定方法:ELISA法
  • アレルゲン:日本スギ花粉抗原Cryj1
  • サンプル:V-CAT坦持の不織布(ポリエステル製)
  • 光照射条件:蛍光灯(3500Lx)

※V-CAT不織布にアレルゲン水溶液(100mg/1L)を滴下して光照射しアレルゲン濃度をELISA法で測定

ファーストンクリーンの脱臭効果性能

アンモニア(トイレ臭)
トリメチルアミン(腐った魚臭)
メチルメルカプタン(腐った玉ねぎ臭)
アセトアルデヒド(タバコ臭・体臭・VOC)
  • 試験依頼先:一般財団法人日本食品分析センター
  • 試験成績書発行年月日:平成28年7月21日
  • 試験成績書発行番号:16066708001-0101号
  • 測定方法:ガス検知管法
  • サンプル:V-CAT粉末(シャーレ上にコーティング)
  • 光照射条件:蛍光灯(6000Lx)紫外線カットフィルター付
ファーストンクリーンの安全性

評価機関:日本食品分析センター

安全性試験結果備考
変異原生陰性第305070146-001号
急性経口毒性LD50 2,000mg/kg第305070146-002号
皮膚一次刺激性無刺激第305070146-003号
皮膚感作性陰性第305070146-004号

使用上の注意

  • 上記用途以外には使用しない。
  • 横向きや下向きにした状態で使用しない。
  • 換気して通気の良い所で使用し、一度に大量に使用しない。
  • シミになる場合があるので1ヶ所に集中してスプレーしない。
  • 火中に投入したり、電子レンジ等で加熱しない。
  • 火気に近い所や、火気に向けてスプレーしたり、火気による乾燥はしない。
  • 汚れのあるところは、シミになる場合があるので、あらかじめ汚れを取ってから使用する。
  • キャップだけ持つと本体が落下する可能性があるので注意する。
  • ※ガラス、金属、美術品、和装品などは使用不可。
  • ※絹などの水に弱い繊維、皮(合皮含)製品、紙や木材、プラスチック製品は使用に注意を要する。

注意事項吸入飲用不可

  • 人や生物に向けてスプレーしない。飲食物や飲食物に直接触れるものにはスプレーしない。
  • 子供の手の届かない場所に置く。乳幼児が口に入れたり、舐めたりする物にはスプレーしない。
  • 飲み込んだ場合は吐かせずに、速やかに医師の診断を受ける。
  • 誤って目に入った場合は直ちに清水で15分以上洗眼し、医師の診断を受ける。
  • 顔や皮膚に付着した場合は直ちに石鹸水でよく洗い落とし、痛みや外観に変化がある場合は、医師の診断を受ける。
  • 使用中気分が悪くなった場合は直ちに使用を中止し、速やかに換気の良い所で安静にし医師の診断を受ける。
  • ※医師の診断を受ける場合は本品を持参する。

保管及び廃棄方法

  • 保管の際は必ずキャップをし、破裂の原因となる温度が40度以上となる所、直射日光の当たる場所や暖房機器等の周囲、錆の発生しやすい場所、湿気の多い場所には置かない。
  • 車内には置かない。
  • 凍結の恐れがあるため5度以上で保管する。
  • 廃棄の際は中身を使い切ってから、火気のない戸外でガスが完全になくなるまでガスを抜き、自治体の定める廃棄方法に従い捨てる。

火気と高温に注意

高圧ガスを使用した可燃性の製品であり、危険なため、下記の注意を守ること。

@炎や火気の近くで使用しないこと。

A火気を使用している室内で大量に使用しないこと。

B高温にすると破裂の危険があるため、直射日光の当たる所やストーブやファンヒーターの近くなど温度が40度以上となる所に置かないこと。

C火の中に入れないこと。

D使い切って捨てること。

高圧ガス:DME

成分:光触媒(窒素ドープ酸化チタン)、精製水、ジメチルエーテル(DME:高圧ガス)
内容量:200ml(180g)